事務所移転

最後に事務所移転の成功例と失敗例のまとめ

事務所移転する際に大切なことは、もちろん社員の通勤時間や周辺環境ですが、現在取引している企業と必ず連携を取ることです。移転先が決まったら何よりも早く手紙やメール等で連絡を入れておくことが大切でしょう。そして、移転間近にもう一度連絡を入れておくと尚更良いです。次に移転先のリフォームやデスク等のレイアウトや、業者との打ち合わせも同時に行わなくてはいけません。現在の管理会社とも連絡を取り、解約をする時期や現状回復に関する話し合いも必要です。その他住所変更等行わなければいけないことはたくさんありますので、忘れることのない様に、リストを作り社内外での連携をしっかりと保つことが大切です。大きな会社ですと期間を長く設けて少しずつ移転をする企業もたくさんあります、やはり一日で全部を移動させることは無理な場合も多々ありますので、計画的に進行していくと良いでしょう。

社員も取引会社にも好評を得るために様々な角度から検証しよう

事務所移転をする際に、現在の契約内容の確認を行いましょう。そして移転先の事務所はやはり今よりも立地がよく、賃貸条件の良いものに引っ越したいものです。ですので、新しい事務所で快適に仕事ができる様に、様々な項目を確認していきましょう。社員の通勤時間や駅などの公共機関からの距離、周辺環境なども大切なことになりますが、取引会社との位置関係も立地条件にはなくてはならないでしょう。またビルに入る場合ですと、他にどの様な企業が入っているか、共用スペースの確認や自家用車で通勤する場合の駐車場の確保も必要になります。また営業時間や土日祝日の条件等も必ず管理会社へ確認しましょう。移転が決まりましたら、各機関への住所変更の手続きなど行うべきことはたくさんありますが、何よりも大切なことは取引会社への連絡です。移転の準備段階から移転先、移転の日時を伝えましょう。今後も続く信頼関係を保つために忘れない様にしましょう。

社員への配慮と経営に見合った事務所選びが大切

事務所移転に関して、社員からの評価も良く、仕事効率が上がった場合に成功と言えるでしょう。立地も良く交通機関が充実していると、毎日の通勤にストレスを感じることが少なくなります。そして新たな気持ちで仕事に取り組むことができるでしょう。ですが交通機関の充実、周辺環境が良いことで必然と家賃は高くなります。事務所が広くなる場合ですと、水道光熱費も上がるでしょう。立地の良い場所に移転することで、維持費が思ったよりも高く、経営を圧迫する様では意味がありませんので、注意することが大切です。また移転に伴い、自宅から離れてしまう社員もいます。1駅2駅離れてしまう場合ですと、出勤時間が早くなり帰宅時間も遅くなります。交通期間が充実していても社員の負担になってしまうことは事実です。この様に社員、会社共にどれだけ負担を少なくすることができるかが失敗を防ぐ鍵となるでしょう。