事務所移転

実際に事務所移転することで発生するトラブル回避を伝授

借りていた事務所が期間満了となった際や手狭に感じるようになった場合、反対に広すぎる場合、自社ビルができる場合など、事務所移転を考えることがあります。事務所移転にはトラブルがつきもので、気を付けたい点がいくつかあります。移転の手続きは煩雑で業務をこなしながらの移転作業となることから、あわただしく落ち着かない状態になったり、オフィスレイアウトをしっかりと考えておらず、移転後のほうが勝手は悪い状態になったりと、見落としがちな注意点が多々あります。事務所の人間だけで移転作業を行うとそのような傾向になりがちですが、トラブルを回避するためにも、事務所移転を専門に行う業者にサポートをお願いしましょう。引っ越し作業からスケジュールの組み立て、届出関係、業者間の調整などおまかせすることができ安心です。

事務所移転はプロに任せてスマートに

事務所移転には多くの問題が発生しがちです。最初にぶち当たる問題は、社内の移転担当者の選定です。誰しも自分の仕事を持っており、担当者になりたくないというのが本音です。また移転工事の業者などとの打ち合わせで休日出勤の可能性も考えられます。そういった社内の悩みも事務所移転のプロにお願いしてスマートな移転を心得ましょう。事務所移転のプロなら起こりえるさまざまなトラブルを予測し、常に先手でリードしてくれます。移転先工事などもよくわからないままに進めてしまうと、無駄な工事をしてしまったり、余計な費用がかかってしまったりとなりがちです。特に頼れるのはオフィスレイアウトです。レイアウトはその会社の業績にも影響する大事なポイントです。プロの意見を取り入れ、機能的なレイアウトにしましょう。

事務所移転は先を見越した計画が大切

事務所移転の際にまず考えたいのは、従業員の快適さです。せっかく新しい環境に移るのですから、気持ちよく働ける環境づくりを一番のポイントに置きましょう。移転直後は快適と感じても、使っていくうちに不具合が出ることもあり、よく考えてレイアウトを決める必要があります。また移転ついでに行っておきたいオフィス家具の新調では、エレベーターのサイズを事前に確認し、引っ越しに手間取らないようにしましょう。いらない家具を引き取ってもらうことも忘れずに行っておきたいです。そして家具は耐震固定を合わせて行っておくと安心です。事務所移転は先々を見越した計画が重要です。今後オフィスをどのようにしていきたいか、ワークスタイルは時代と共に常に変化していきます。物件選びから移転スケジュール、移転後の手続き、レイアウトまでプロのアドバイスを受けて有意義な移転としましょう。