事務所移転

効率良く事務所移転を安全に済ませる方法を徹底解説

企業は事業の拡大を図ったり、新天地で再出発したり、事務所移転を考えることはどんな企業でも考えることの1つです。しかし、事務所の場所を変えるという事は、その企業にとって、大変重要なステップです。運営するために事業内容だけを考えていれば良いという事ではなく、細かな作業や手続きが多く発生するイベントでもあります。そこで、事務所移転に当たり、気を付けるポイントをお伝えします。これから事務所移転を考えている企業は、最初にどこに移転するかが重要です。立地や周辺環境は欠かさずチェックすることをお勧めします。前の事務所と比べてどこを良くしたいのか、借りる条件についてはどうかなど、確認するべきポイントはたくさんあります。事務所選びを間違えると、全てが台無しになってしまうので、今の事務所と比べながら慎重に選んで下さい。

事務所移転に関する必要な手続きとは

企業が事務所移転を行うということは、会社の本拠地が変わってしまうということです。単なる引っ越しとは違い、多くの手続きが発生します。連絡をしたり、申請を提出しなければならない場所がとても多いため、きちんと確認する必要があります。一番気に掛けなければならないことは、関係官庁への届け出です。税務署や法務局、社会保険事務などに事務所の所在地が変更したことを報告する必要があります。取引先や銀行などの金融機関にも連絡が必要です。電気、ガス、電話なども同様です。また、新しい事務所の内装を整備するのであれば、内装業者のピックアップも必要です。今の事務所を出る時に原状回復をしてくれる業者も必要です。このように、事務所移転には、様々な手続きが必要となりますのでチームを作って対応するのが良いです。

事務所移転作業を行う日程を決める

企業が事務所移転を行うという事は、かなりの時間と労力がかかり、手続きや連絡を取らなければならない場所もたくさんあることが分かっていただけたと思います。そのため、各作業をしっかりと計画的に行っていくための作業スケジュールを組んでおくことが重要です。事務所移転を決めてから、完了するまでには半年以上掛かります。解約を申し出るのも半年以上前に設定されていることが多いので、出来るだけスケジュールには余裕をもって組んでおくことが大切です。実際の引っ越し作業は、日数を要します。この場合、社員全員の時間や労力が必要となるので、引っ越し作業の日程は事前に社員に伝えておく必要があります。業務に支障が出ないよう、スケジュールの調整が必要です。こういった点を踏まえ、スケジュールをしっかり立てて、事務所移転を実行してください。