事務所移転

事務所移転することでするべき点を考えてみよう

長くいた場所からの事務所移転を考えている方も多いものです。事務所側の事情はさまざまあるのでしょうが、移転によるメリットを考えて決めることが多いです。例えば地方から東京など大都市への移転などは、便利な場所へと移転することでメリットが多いと考えて移る場合が多いのです。大都市で経済拠点を作っている大きな企業が多いのは、それだけの魅力を大都市が持っているということですし、経済の中心地で業績を伸ばし、企業のイメージアップのために進出している場合もあります。このように事務所の移転は、する前とした後のことをしっかりとイメージかつ算出などをして、よりメリットが大きくなる形ですることが大切です。そのためにも、まずは自社の現状をしっかりと把握して、移転によってどのような可能性が広がったりするのか、具体的な費用面のことなども計画を立ててから実行することが大切になります。

事務所移転後もスムーズに取引ができるように事前に準備する

実際に事務所移転する場合には、取引会社のことを考えることも大切です。長いお付き合いで、安定して取引しているところと移転後もスムーズに取引ができるかどうかは、考えておくべきポイントです。仕事での打ち合わせに実際に取引先へと出向いていた場合や、相手に来てもらっている場合などは、移転後のやり取りなども互いにとって便利なのが理想です。また移転を決めた段階で、なるべく早く取引先には通知をしておくことも重要なことです。移転したことによって、従来の取引に支障が出ないようにすることは、今後のお付き合いを考えた上でも大切にすべきポイントです。その上で、移転先でも新しいビジネスのお付き合いが生まれ、より経済の需要が見込めるなどのメリットも大きいわけですから、移転先にも早めに周知をさせておくのも良いことです。

事務所移転する先の地価なども把握する

事務所移転をする場合に行き先エリアを考えるときには、地価のことも注意する必要があります。地方だと安かった地価が都会へと移転すると高い地価になるのは予想されています。特に都心からも便利な人気なエリアへ事務所を構えるほど、資金面での圧迫は従来よりも大きくなりがちです。賃料などを見越しても上回るだけの利益を確実に出せるかどうかのシミュレーションはしっかりと立てておくべきです。また、初めてで先が見通せないことであれば、なるべく地価の安い場所への移転を検討し、あらかじめ収益でのプールをしてから事務所移転を考えるなどの長期的な計画の下での移転をする方が安心できます。また移転先に競合相手などがいないかどうかのリサーチも重要になります。このように移転後のことを明確にイメージしておくことが移転先での成功にも繋がります。

当社は「日本一お客様を大切にする」という信念の元、心をこめたサービスの提供をお約束いたします。 より多くのお客様に貢献できるよう、営業の拠点を広げております。 総合的なオフィスデザインを通じてクライアント様の業績向上に貢献し、お役に立てるよう尽力することが当社の強みです。 オフィス作りをトータルでプロデュースさせえていただきます。 事務所移転やオフィスデザインならフロンティアコンサルティング